適切な治療と家族の理解

男性

周りの理解が回復への近道

うつ病という病は、周りからは無気力に見える場合がありますが、本人はとても苦しんでいます。うつ病の治療を行う場合、家族のサポートが大きな役割を果たします。治療は本人だけではなく、担当の医師と家族全員でサポートし合いながら行っていきます。なぜなら、苦しんでいる本人の一番の理解者は家族であるべきだからです。そのため、治療をしていく過程で、家族は正しいうつ病の知識を持ち、理想的なサポートを心掛ける必要があります。まず、本人が無気力無関心であっても、一生懸命頑張っていることを理解します。早く心身共に健康な状態になりたいと願っているはずです。そのため、今以上に頑張れなど背中を押す言葉は逆効果となります。頑張り過ぎなくていいよ、ゆっくりでいいよなど本人を包み込むような優しい言葉を心掛けるのが理想的なサポートです。また、本人を心身共に休ませるようなサポートを意識します。無理にどこかに連れて行ったりせず、本人の希望を優先します。また、うつ病になった原因究明や、今後の生活についてなど、本人にストレスがかかる質問はせず、普段通りの会話を意識することも大切です。そして、うつ病の回復は一進一退を繰り返すため、気長に回復を待つ家族の姿勢も大切です。心と体に不調が現れるのがうつ病という病気です。特に目立つ症状として、憂鬱になり、無気力無関心になります。これは、脳にエネルギーが足りていないため、正常な感情や判断が出来ていないためです。そのため、このまま放置した場合、大きな判断を自分で出来なくなります。そうならないために、初期症状が現れた場合は、早期に受診し、前向きに治療を行うことが大切です。うつ病というものは、誰もが自分がならないと過信しています。これは、自分の家族に対しても同じことが言えます。そのため、いざうつ病を発症した場合、本人以外の周りも動揺してしまう場合があります。しかし、一度うつ病と診断された場合は、家族は慌てず、大きな心で回復するまで見守る姿勢をずっと維持することが大切です。様々な初期症状がある中で、本人が自分を責めてしまうという症状があります。そのような場合、家族や周りのサポートが重要です。本人が悪い訳ではないことを伝え、病気は治療すれば治ることを理解してもらいます。そして、家族の根気強いサポートが必要です。うつ病は、決して一人だけで向き合う病ではないことを家族が理解することが大切です。

Copyright© 2018 どんなうつ病の治療法があるの【症状が進むと厄介なメンタルの病気】 All Rights Reserved.