医者

職場復帰に至るまで

うつ病の治療は、職場復帰への焦りを抑えながら、進めていくことが大事です。その中で、薬物療法は継続的にリハビリ期まで行うことになりますので、経済的負担を考慮して、処方を変えてもらうなどの配慮も必要になってきます。

詳しく見る

男性

自分の心と身体を大切に

うつ病の要因は様々です。自分がうつ病になりやすい傾向にあるのか、また事前に予防できることはないのか把握しておくことが重要です。規則正しい生活を意識して、心身共にバランスの取れた生活を送ることが大切です。

詳しく見る

男性

危険があるなら入院を

抑うつ気分を基本症状に、思考や意欲の低下や不定愁訴と同様の身体症状が出るのがうつ病の特徴です。基本症状は一緒だが、楽しいことに対しては気分が晴れるという症状が出るのは非定型うつ病です。重症の場合は病床のある医療機関を受診します。

詳しく見る

男性

適切な治療と家族の理解

家族の正しい理解と適切なサポートがあれば、うつ病は回復していきます。本人の気持ちに寄り添い、心身共に休養させることが大切です。そして、気長に回復を待ち、焦らず見守る姿勢が、結果的に本人の回復の近道となります。

詳しく見る

女性

休職の決断

うつ病は、初期症状の段階で早めに対処できれば、回復も早くなります。その時、交感神経系の過剰興奮に留意することが重要です。ただし、質の良い休養が早期に取れることがポイントであり、症状の把握と休暇のための環境調整が非常に重要になってきます。

詳しく見る

電気けいれん療法もある

女性

身体症状もセットで出る

精神科で行われるうつ病の治療は、抗うつ剤による薬物療法がメインです。病気の原因はいまだはっきりとはしていないものの、セロトニンとドーパミン、ノルアドレナリンなどの脳内伝達物質が機能低下しているといわれているため、その働きをサポートする抗うつ薬が使われます。昔の抗うつ薬は副作用が強かったですが、副作用が軽い新タイプの薬が主流になりつつあります。しかし昔ながらの薬は薬価が安く、効果がある人もいるので、なくなる様子はありません。それに、昔ながらの電気けいれん療法を行う医療機関もあります。脳にけいれんを起こさせて脳の機能を改善することが可能です。これはうつ病の治療に高い効果が期待できると同時に、即効性があるのも魅力です。でも麻酔が必要なため、麻酔科医が常勤する総合病院での治療に限られています。なお、麻酔が必要なのは電気ショックによる痛みを軽減するためで、また骨折や脱臼を防ぐために筋弛緩剤も投与されます。このように昔より安全に使用できるようになった療法を、修正型電気けいれん療法と呼びます。うつ病が軽いうちは、自覚するのが難しいかもしれません。代表的な症状の抑うつ気分は「憂鬱である」「落ち込んだ気分」など、誰もが感じる気分だからです。ですから、それに加えて小さな何でもないようなことが心配で堪らなく感じたり、イライラして落ち着かない気分になったりしているときは、うつ病を疑ってみます。考えがまとまらず、思考スピードも落ちているときも同様です。うつ病の人はくよくよと落ち込み、自分を責めるようになり、症状が進むと消えてしまいたくなることもあります。このような考えが浮かぶのは健康でない証拠です。自分が悪いことはないと考え、医師に診てもらうことが大切です。それと、こうした精神症状とセットで身体症状も出ます。眠りに就くのが難しくなったり途中で起きてしまったりといった睡眠障害を訴える患者が多く、さらに味覚が鈍るので食欲が落ち、体重が減ってしまうケースもあります。また、頭重感や冷や汗、便秘など、身体症状は様々です。更年期障害とも似ているため、更年期の女性は特に精神症状が隠れていないか確認してください。

Copyright© 2018 どんなうつ病の治療法があるの【症状が進むと厄介なメンタルの病気】 All Rights Reserved.